忍者ブログ
宣誓、私は常日頃のどうでもいい話を可能な範囲で面白くご提供しようと努力します。
[97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今度は何ヶ月ぶりの更新でしょうか?見ていてくれている人がいたら申し訳ありません。とりあえず東日本大震災からの復興状況を書いておきます。

茨城県の水戸市は最初の三日間で電気、水道、ともに復旧しており、被災地の中では比較的ラッキーなほうでした。スーパーも先々週金曜日くらいには復帰して今日行ったら、ずっとなかったもやしが売っていて一安心。しかし、納豆はいまだ売り切れ。残念。

ガソリンも先週の火曜日、3時間並んで満タンに入れれたので自分の生活上の不安はとりあえずなくなったというとこでしょうか。今週末はやっと落ち着いて彼女のいる東京へ遊びにいくことが出来ました。

仕事の方も来週からバリバリ実験ということになっています。なんか、周りの状況を見ると本当にいいのかなと思いつつ、一日も早く日常に戻ることが、今の仕事かなとも思うので、とりあえず頑張ろうと思います。

地震の当日は衝撃でした。始めて死ぬかもという思想がよぎりました。水戸も酷いだろうなと家に帰る道中、渋滞の中ラジオで延々と東北地方のニュースを聞き、しかも度重なる余震に見舞われどんどん気分が沈んでいく。普段30分弱しかかからない道のりを6時間かけて待っていたのは電気と水道のない暗い散らかった部屋。その日はとりあえず会社のみんなと店舗を開放してくれていたデニーズに泊りました。余震は収まらない。

翌日は、朝早く部屋に戻り片付け。そして市役所に支援物資をもらいに行くとともに炊き出しのお手伝い。とりあえず米と水の入ったビニールに輪ゴムを巻き巻き。何気に救援物資をたくさんもらってしまった。そんなつもりではなかったけど、とりあえずありがたくいただいておく。そしてどこかのレストランでハンバーグ無償提供という情報を入手。会社のみんなと暖かい肉を食べてかなりテンションアップ。人間は単純だ。しかし、その直後、福島第一原発一号機の爆発のニュースが。そのころには別のアパートに住んでる先輩の部屋に電気が灯ったため、若手一同、食料を持ち寄り篭城体制を敷く。そしてテレビで始めて東北地方の映像を見る。本当にいたたまれない。打って変わってテンションダウン。固唾を呑んで原発ニュースを見る。

とりあえず、核燃料容器は無事だった、とういうことでみんなと外食。市役所近くの中華屋がやっているとの情報が。ビールと焼きそばとチンジャオロースー。温かいご飯にかなりのテンションアップ。支援物資を色々もらい食べ物には困っていなかったのになぜか感動。きっと先行きの見えない現実がそうさせていたんだと思う。

しかし、この日は気分のアップダウンが激しかった。

次の日はまた市役所でボランティア。ちょっと豪華な弁当をもらう。嬉しい。ひたすら輪ゴム巻き巻き。単純作業はとりあえずいやな気分を忘れさせてくれる。

夜はまた外食。居酒屋がやっていて定食を食べることが出来た。そしてビール。絶対に震災前より食べて飲んでいる。しかし、食欲が止まらない。非日常とは恐ろしい。

そして月曜日は仕事。朝には少し水が出たのでお湯を沸かし、タオルをぬらして身体を拭く。午前中の復旧作業の後・・・この日は何をしたかあんまり覚えていない。とりあえず近くの肉屋がやっていて、豚バラを購入。晩御飯はみなでご飯持ち寄り。そしてやっとシャワーに入れて、洗濯もできた。ライフライン復旧万歳。

そしてなんと次の日から仕事は6時までとなった。昼ごはんは用意していないから乾パン・・・せめて事前通知して欲しかった。しかし、家にいるよりはやはり気はまぎれる気がするし、復旧作業には全力をそそがねばならん。

という具合で日々は過ぎていきました。今の現状は先に述べたとおりです。最初の二日間が大変だった。水戸はライフラインがないのが二日で済んだから本当に良かった。しかし、今もその二日間と同じような状態、いや、それより酷い状態にあるところがあると思うと心が痛む。俺だったら後二週間、耐えることが出来ただろうか?今の時点でも先行きが見えない状態に耐えれるだろうか?耐えるしかないのなら耐えていたとも思う。だけど、想像をしただけで今もなお苦しい生活をしている人には頭が上がらない。

何はともあれ、昨日、一昨日はいつもとあんまり変わらない彼女とのデートをしてきました。震災直後は心配そうな声しかしてなかった彼女も昨日はほぼいつもどおりでした。日常が戻り始めたのを再確認。

まだ原発とか余震とか心配な要素はあります。しかし、とりあえず、こんだけ長い文章を書く余裕が出来ました。心配してくださった方々には感謝です。

最後に、今回の津波で流されちゃった、北茨城、五浦の六角堂の写真を載せておきます。dd5960f7.jpeg
今はもう見れない。けれど、いつか復元する余裕がある日が来るはず。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/01 ちはる]
[07/01 ちはる]
[01/03 けん。]
[12/15 あゆみ]
[12/10 tomoya]
最新トラックバック
(09/27)
プロフィール
HN:
マコト
性別:
非公開
自己紹介:
かっこいい写真を選んだけどやっぱり足が短い(´・ω・`)
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
ブログの評価 ブログレーダー
忍者ブログ [PR]